芋焼酎造りは、畑から始める。その信念が宝山の旨さを支えています。
原料芋は、すべて契約農家で栽培された鹿児島県産の芋だけ。
農家の方は、ただ芋を届けてくれるだけではありません。
旨い焼酎を造るために、「こんな芋を使ったらどうか?」と私たちに提案してくれることがあります。
蒸撰シリーズなどは、そんな声から生まれた焼酎です。
しっかりと絆を交わす大切な農家の方から受けとる芋だから、私たちは、毎朝、社員総出で芋を選別し、新鮮なうちに仕込みます。

黄金色に見えることと、1反(10アール)
あたり千貫(3750kg)収穫できることから
命名されました。でんぷんが多く、
食べてもおいしい芋。
芋焼酎の原料として広く使われている
品種であり、風味豊かな焼酎になるのが
特徴です。

ポリフェノールの一種であるアントシアニ
ンを多く含んでいる紫芋。
でんぷんは少なく、生産性が低く手間が
かかるのですが、香りには華やかな甘みが
あり、ワインのような風味を醸します。

でんぷん原料用の芋のため、でんぷんが
多く、甘くまとまった味わいが特徴です。
その名の通り肉質は白く、焼き芋・蒸し芋
にした際の食感は、黄金千貫に似ています

肉質が粉質であるため、蒸すとホクホク
感が出て食用として甘く美味しい芋。
栽培期間が短い早生品種、掘り取り直後の
味が優れています。

“屋根のない蔵”西酒造の自社試験農場では、新しい味わいを生み出す
芋の可能性を探り続けています。いま試験農場で育てている芋は、34種。
他にも、芋の種類は数えきれないほどあります。まだまだ大きな可能性が
眠っているのです。もちろん、全てがうまくいくとは限りません。
この挑戦が実を結ぶのは、何十年、何百年後になるかもしれません。
しかし、酒造りも農業も、人の歴史にしっかりと根ざした文化です。
何代にも受け継がれてこそ意味のあるもの。私たちの挑戦は世代をこえて続きます。

私たちが使うのは、鹿児島の農家が丹精込めて育ててくれた県産米だけです。
米の収穫期に玄米を一年分備蓄しています。玄米を最大1,100t保管できる米蔵の中は、
米の鮮度を保つため、常時13℃~15℃に温度管理されています。
一度の仕込みに使う量だけを常温で一日寝かせた後精米し、
麹米として良い状態にして使用します。
焼酎蔵としては、とても稀な取り組みかもしれません。
しかし、芋も、米も、水も、100%地元のものにこだわれば、
ごく自然に求められる答えだと私たちは考えています。
西酒造は、これからも旨さの原点である大地と共にある農業との絆を大切に、
薩摩の大地と共に歩む私たちにしか造れない味わいの世界を深めていきます。

西酒造の焼酎蔵の隣には、麹米を備蓄するための米蔵があります。
他では、なかなか見かけない風景です。
「なぜ、ここまで?」と思われる方も多いでしょう。
そこには、皆様へ日本一旨い芋焼酎をお届けするためならば、
どんなことにも挑戦したいという私たちの思いがあります。
芋焼酎の旨さの原点は大地にあります。西酒造にしか造れない旨い焼酎は、
西酒造と共にある故郷の農業からしか生まれない。
私たちの信念である “地”にこだわる焼酎造りを表しているのが、
この米蔵なのです。

雑菌の繁殖を抑える酸を
あまりつくらないため、
造りに高い技術と繊細な管理を
必要とします。

クエン酸の生成力があって、モロミの腐敗
防止に大きな威力を発揮します。

黒麹菌の白色変異株である焼酎麹で、
多くの焼酎で使われています。
黒麹菌同様に多くの酸をつくります。

麹米に比べ麹菌が繁殖しにくく、
温度管理もデリケートに。
仕込みには手間がかかりますが、
芋の旨味と華やかな香りが際立ちます。

「農産物検査員」とは、米の色や粒の欠け、水分量といった
農産物の品質や安全性を検査する国家資格です。
西酒造には現在、2名の農産物検査員がいます。
酒質につながる麹米の品質を統一したいという目的もありますが、
その理由は、焼酎造りを農業から始めるという決意につながっています。
私たちは、焼酎が完成するまで、全ての段階でプロでありたい。
農産物検査員とは、西酒造にとって大地へと続く、
欠かすことのできない一本の根なのです。

薩摩の空から舞い降りた雨は、ゆっくりと大地にしみ入り、地下300mにある水脈を目指します。
その歩みは、一年間にわずか1m。岩盤からほどばしる、そんな地下水は焼酎づくりに最適なミネラル分となっています。

西酒造では、宝山シリーズの仕込み水はもちろん、
割り水「HOUMEI」についても、すべて鹿児島の水のみを使用しています。
口に含むと驚くほどやわらかく舌の上を流れていく味わい。
私たちは、吹上の自然が恵んでくれた鹿児島の水に深く感謝しながら、日々焼酎を造っています。

薩摩峰山の深い地層から汲み上げる
宝山シリーズの仕込み、割水に用いる水です。
一口ふくめば、そのやわらかさに驚かれるはず。
宝山のお湯割り、水割り、ロックアイス用の水として
最高の相性です。