蔵人日記

蔵人から皆様へのメッセージ

2017.04
2017.04

2017年2月27日 大地の息吹を感じる場所。

西酒造の芋畑が広がる吹上町の一角には、まるでトトロの森を彷彿とさせるようなパワースポットがあります♪ 大地の息吹を感じる場所。癒しの空間としても蔵人達からも親しまれている“千本楠”(せんぼんくす)です。(*^_^*)

大穴牟遅命(おおなむちのみこと)が降り立った際に、楠の木の杖を大地に刺したところ、これが根付いて千本楠の“親木”になったと伝えられ、雄大な楠が立ち並んでいます。大穴牟遅命は別名「大国主:おおくにぬし」とも呼ばれ、農業の神様や縁結びの神様としても知られています。大地の恵みや、さまざまな方との出会いに支えられている宝山と、とても運命的なものを感じています。(;´-`)  私たちの縁の場所として、これからも大切にして行きます。